1.29 (月)
The 42nd Scandinavian Connection - Jormin, Mori, Kaptein trio - 2days “Jam Session”

第42回 スカンジナビアン・コネクション “ジャム・セッション”・・・ ヨルミーン・森・カプティン トリオ - Christian Jormin クリスティアン・ヨルミーン(pf) 森 泰人 Yasuhito Mori(b) Sebastiaan Kaptein セバスティアン・カプティン(ds) →予約


後援:Swedish Arts Council、KULTURRADET、在日本スウェーデン国大使館 / 協力:(有)弦楽器工房 高崎
19:30開場 20:00開始
予約3000円(当日3500円)+飲物代500円(申込時に担当楽器(各自ご持参)をお知らせください。


現代スウェーデン・ジャズ界の鬼才、クリスティアン・ヨルミーン初来日。●クリスティアン・ヨルミーン・・・62年、スウェーデンのジョンショッピング生まれ。兄は世界的なコントラバス奏者、アンダーシュ・ヨルミーン Anders Jormin。イェーテボリ音大を84年に卒業後、打楽器奏者としてジャズ、民族音楽、インプロヴィゼーション、フュージョン等、数多くのグループに参加。特にスウェーデン民族音楽を素材にしたフュージョンバンドDen Fule では、93年度スウェーデン・グラミー賞を民族音楽部門で獲得。スウェーデン人歌手のグンネル・マウリッツソン Gunnel Mauritzson のグループでは打楽器奏者兼ピアニストとしてのみならず、編曲も手がけている。ここ数年はピアニストとして、ドイツ人女性ベース奏者のエヴァ・クルーズ Eva Kruse クィンテットに参加。同グループはドイツのジャズ大賞 BMW Welt Jazz Award 2017を獲得。実兄アンダーシュ・ヨルミーンの名盤『Nordic Light』では、クリスティアンが素晴らしいドラミングを展開している。13年、アンダーシュとのデュオ作品『Provenance』を発表し、ピアニストとしても高く評価された。現在、イェーテボリ音大で教鞭を執る一方、モダンダンスへの楽曲も40公演以上手がけている。米国、スコットランド、セネガル、インド、トルコ等、海外でのツアーも数多く行っている。なお、ボーヒュスレーン・ビッグバンドの『プレイズ・フランク・ザッパ』では、ドラムスで参加している。