9.5 (火)
蜂谷真紀 + 纐纈雅代 + RIO + 小山彰太

蜂谷真紀(voice, vo, pf) 纐纈雅代(as) RIO(bs) 小山彰太(ds)  主催・予約:NMA  →くう予約


連携:札幌国際芸術祭2017、協力:ACF 札幌芸術 文化フォーラム(会員500円割引)
19:30開場 20:00開演
前売3500円(当日4000円)+飲物代500円


「今年1月末、一週間ほど東京に滞在し夜な夜なライブ三昧をしていた28日、入谷なってるハウスで蜂谷真紀のユニットを聴いた。今回で3度目の来札となる蜂谷真紀のボイス、ボーカル、ピアノが、即興性の詩も交えて変幻自在に飛び交う。そこに纐纈雅代のアルトサックス、RIOのバリトンサックスが、アグレッシブかつエモーショナルに絡み合い、本田珠也のドラムがベテランらしく要所要所を締める展開に、一瞬たりとも目が離せなかった。特に初めて聴く纐纈雅代と若いRIOのサックスが聴けたことは大収穫!その場で札幌でのライブを約束するほど大いに盛り上がった。札幌ではドラムスが小山彰太に代わって遂に実現します!!」(NMA 沼山良明)●はちや まき・・・「声」で空飛び「歌」で絵を描く双子座B型。様々な音楽的バックグラウンドを骨に国内外でライヴを重ね、オリジナル、ジャズ、即興、ロック、電子音楽、現代音楽等...音の精鋭達と生みだした宝は数知れない。オリジナル曲の起用は「大原美術館70周年:絵画のための音楽会」、映画「テトラポッドレポート(富永昌敬監督)」、TV番組等。三池崇史監督の8作をはじめ映画への歌唱も多く「八日目の蝉」(成島出監督)では謎の唄うたいで出演。リーダーCD『ミクロマクロ/with 加藤崇之』、『木の声/with 是安則克』、『たからもの/with 田中信正、喜多直毅』。日仏共同盤『メビウスの鳥/with Hugues Vincent』、スイス盤『PORTA CHIUSA/with Paed Conca、Hans Koch、Michel Thieke』、フランス盤『四柱推命/with Hugues Vincent、小山彰太、横山祐太」。現在、加藤崇之と「ミクロマクロ」の2ndCD『曲の飛びだす絵本』制作中。