6.7 (火)
スガダイロートリオ

スガダイロー(pf) 東保 光(b) 服部マサツグ(ds) →予約



19:30開場 20:00開演
前売3800円(当日4300円)別途飲物代500円必要


●スガダイロー・・・1974年生まれ。神奈川県鎌倉育ち。洗足学園ジャズコースで山下洋輔に師事、卒業後は米バークリー音楽大学に留学。帰国後「渋さ知らズ」や「鈴木勲OMA SOUND」で活躍し、坂田明や森山威男、小山彰太、田中泯らと共演を重ねる。08年、初リーダーアルバム『スガダイローの肖像』(ゲストボーカル二階堂和美3曲参加)を発表。10年、山下洋輔とのデュオライヴが実現。自己のトリオでの活動のほか、向井秀徳(ZAZEN BOYS)、七尾旅人、中村達也(LOSALIOS、BLANKEY JET CITY)、志人(降神、TriuneGods)、灰野敬二、U-zhaan、仙波清彦、MERZBOW、吉田達也(ルインズ、是巨人、ZENI GEVA)らと即興対決を行う。13年、あうるすぽっとにて開催された[N/R]プロジェクト スガダイロー五夜公演『瞬か』では飴屋法水、近藤良平(コンドルズ)、酒井はな、contact Gonzo、岩渕貞太、田中美沙子、喜多真奈美、7組の身体表現家と共演し好評を博す。11年に『スガダイローの肖像・弐』でポニーキャニオンからメジャーデビューを果たし、12年には初のソロピアノ作品『春風』、志人との共作アルバム『詩種』、13年、自己のトリオにて『刃文』、14年『山下洋輔×スガダイロー』、『GOLDEN FISH』、15年『Suga Dairo Solo Piano at Velvetsun』をリリース。15年4月より、FMヨコハマ/FM84.7にてラジオ番組「スガダイローのジャズニモマケズ」(毎週土曜18:30~45)が放送開始。KAAT神奈川芸術劇場の白井晃演出の舞台「ペール・ギュント」の音楽と演奏を担当。15年、サントリー芸術財団主催の〈ツィンマーマン「ある若き詩人のためのレクイエム(日本初演)〉にスガダイロー・クインテットが出演。(写真:梅原 渉)